So-net無料ブログ作成

ポルノは人間にとって悪いものではない

insiderman 曰く、やや旧聞になるが、米国のサイエンス系メディアTheScientist.comが「Porn: Good for us?」という記事を掲載している。「科学的な調査の結果、ポルノが増えると性犯罪が減る、という傾向がある」という内容だ。「ポルノ有害論」は昔からささやかれており、その一つにポルノに触れることで性犯罪を誘発する、というものがある。そのため、「ポルノは違法であるべきだ」と主張する人々も少なくない。いっぽうでポルノは「ファンタジー」であり、暴力的な性的欲求を解消できる有用なものという議論もある。これらの意見に対し、記事では近年「ポルノと性犯罪の相関」について多くの研究が行われているとし、「ポルノが増えても性犯罪は増加しない、減ることもある」という結論が多く導き出されていると述べている。ポルノと性犯罪に関する調査では、性犯罪者に対する調査やインタビュー、ポルノが人間心理に与える影響など、さまざまなものが行われているが、これらのうち「ポルノの入手しやすさ」と反社会的な行動や性犯罪に関連がある、ということを示せたものはわずかしか無かったそうだ。さらに、「関連がある」ということを示したわずかな調査においても、ポルノと性犯罪などに直接相関関係がある、ということを示せたものは無かったとのこと。また、記事ではほかにも「ポルノの入手しやすさ」と性犯罪との関係を示した世界各国の調査などを例に、ポルノと性犯罪には関連性はない、「多くの性犯罪者はポルノを使っていた」という議論は無意味だ、などと述べられている。スラッシュドットのコメントを読む | 検閲関連ストーリー:PC内のエロ画像を一網打尽にする「Porn Detection Stick」 2010年03月13日エロ漫画7冊所持の米国人男性、児童ポルノ禁止法違反で懲役6カ月 2010年02月16日オランダで獣姦や獣姦ポルノを違法とする法案が可決 2010年02月04日オーストラリア、貧乳の女性が出演する成人向け映画を禁止に 2010年02月02日

県酒連が「泡盛百科」公開 銘柄情報を網羅

県酒造組合連合会が立ち上げたウェブサイト「泡盛百科」  県酒造組合連合会(佐久本武会長)は15日、泡盛の銘柄ごとに味の特徴や製造法を紹介するウェブサイト「泡盛百科」を立ち上げた。同日から試験的に公開し、4月1日から本格稼働する。販売銘柄の9割に当たる913銘柄を登録し、酒造所や値段、デザインなどさまざまな条件から検索することができる。銘柄の情報をデータベース化し、ネット配信する取り組みは全国の酒類業界でも初の取り組みだ。詳しい情報を発信することで購買意欲を促し、新規顧客の獲得も狙う。 サイトは酒連に加盟する全47酒造所、1協同組合が参加。県の「泡盛データベース構築支援事業」を活用し2年かけて情報収集した。 掲載する銘柄情報は使用する酵母や水、黒麹(こうじ)菌の種類から各賞の受賞歴まで多岐にわたる。ネット通販に対応している酒造所の商品はサイトを通じて購入することもできる。 検索機能が充実していて、各酒造所のお薦めやラベルのデザインから検索できる「初心者検索」、容器のデザインや限定品を検索できる「お土産検索」、アルコール度数や仕込みの水、貯蔵方法などから検索できる「こだわり検索」がある。 飲み方や泡盛の歴史、製造方法なども紹介。携帯の位置情報から「泡盛が飲める店」を検索できるシステムも導入する予定。海外顧客獲得のため、英語、中国語対応も今後検討する。 佐久本会長は「泡盛の消費が低迷する中、ネットを活用した販拡に大きく期待している」と話した。 URLは 携帯版はhttp://www.okinawa-awamori.or.jp/m/■関連ニュース琉球泡盛残波 初栄冠 ちゅーばーL泡盛出荷5年連続割れ 焼酎流入など要因神村酒造が第5回感謝祭県産食材加工 輸出へ 沖縄セントラル貿易が自貿入居古酒の郷遅延 産業振興に文化力生かそう

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。